ユーザー車検の流れ「自動車の状態確認」について紹介しています。

自動車車検の費用を安くする方法!

ユーザー車検の流れ
[自動車の状態確認]


↓今すぐ車検の費用を↓
↓安くしたいなら!!↓


ユーザー車検を受ける前に、自動車の状態を把握しておく必要があります。
ここでは、車検に合格する最低限の確認事項を掲載しているので、車検前にチェックしておきましょう。

灯火装置
自動車の外観に付いている、全ての灯火装置が点灯するか確認します。
切れている場合は、バルブ(電球)の交換を行ないます。

タイヤ
溝の残量、亀裂・ひび割れの有無を確認します。
溝の残量は一番磨耗している箇所を測り、1.6ミリ以上残っているかを確認し、亀裂・劣化によるひび割れ等がないかも確認します。
1.6ミリに満たない場合や、亀裂・ひび割れが酷い場合は、タイヤを交換します。

ガラス
フロントガラスにヒビや、損傷がないかを確認します。
損傷やヒビがある場合は、交換、もしくは補修を行ないます。

内装
バックミラー、シートベルト、ホーンマーク、ギアパターン、コーションラベル、発煙筒といった物の取り付け具合や有無を確認します。

メータ廻り
シートベルト警告灯や、エアバック警告灯などの警告表示灯が点灯するか確認します。

ワイパー・ウィンドウォッシャー
ウィンドウォッシャー液を出してワイパーを動かし、正常に機能するか確認します。

ホーン(警報器)
ホーンを押し、正常に機能するか確認します。

マフラー
マフラーから排気漏れがないかを目視や、空ぶかしを行ない、排気音から確認します。

ドライブシャフトブーツ
タイヤの内側と車体中央側に付いている、ゴム製の部品に損傷や破れがないか確認します。
ハンドルをめいいっぱい切り、タイヤ内側と車体中央側を覗き込んで確認します。

ステアリングラックブーツ
車体の中央側に付いている、ゴム製の部品に損傷・破れがないか確認します。
ハンドルをめいいっぱい切り、フロントタイヤの隙間から車体中央側を覗き込んで確認します。

■お近くの車検業者の検索・料金比較ならコチラ

ユーザー車検の流れに戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
自動車車検の費用を安くする方法!
All Rights Reserved.